50プリウスの新型エアロをTOM’Sが開発中。しかもスピンドルグリル付だって?

公開日: : 最終更新日:2016/03/06 プリウス

TOM’Sが新型プリウスのエアロパーツを発売します。先日TRDとモデリスタがキットをリリースしたばかりですが、今回はカーボン製のフロントリップとサイドスポイラー、そしてスピンドルグリル付きバンパーまで開発中とのこと。評判が悪かった50系プリウスの見た目もこれで少しはマシになるかも!?

スポンサーリンク

トムスのエアロは2種類(スピンドルグリルは検討中とのこと)

正式発表はまだありませんがABS製とカーボン製の2種類のキットがリリースされます。

フロントリップはノーマルに被せるものと、下に取り付ける2タイプ

グリル下の形状がノーマルと変わっているため、ABS製品、カーボンともにフロントリップごと交換するタイプのようです。

フロントリップとサイドスポイラーは2分割

カーボン製パーツはフロント、サイドともに2ピースのパーツで構成されるようです。

マフラーは横と縦の2本出しが選択できる

デュフューザータイプのリアアンダーは、バンパー内にマフラーがめり込んだデザインと、下から延びる通常タイプがあります。

正式発売はまだ先

スピンドルグリルはやり過ぎな気もしますが、カーボンパーツを取り付けるとエッジが立ってとても精悍な顔つきになりますね。画像のものは車高が下がっていたりアルミが変わっているので、サスペンションやホイールなんかも同時リリースされると予想します。

スピンドルグリルの50プリウス

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑