50系新型プリウスのマフラーがロッソモデロやフジツボから春に発売されます

公開日: : プリウス

ZVW50/51系プリウスの砲弾型マフラーがデビューします。

スポンサーリンク

砲弾型チタンマフラーを開発したロッソモデロ

出口のカラーをオーナーの好みで色が選べるロッソモデロのマフラー。メインパイプは80φのチタン製です。
マフラーを装着した50プリウスの画像
ロッソモデロの50プリウス用マフラー
その他の画像を開く

ロッソモデロのマフラーを装着した50プリウスの動画と詳細

こちらは走行中の排気サウンドを聞ける動画です。始動時は無音ですが、エンジンの回転が上がるにつれて上品な低音を奏でるのが特徴です。

以下はこのマフラーの特徴です。

チタン製のテールパイプは8色から選択可能。

一番目立つ出口は、ブルー、サンセットブルー、ワイン、ゴールド、スーパーブルー、スーパーワイン、スーパーゴールド、クリアチタンなど8種類の色が選べます。

メインパイプからテールパイプはSUS304製

部品はSUS304製なので、ほとんど腐食せずに美しい外観を保ちます。

フジツボも50プリウスのマフラーをリリース

フジツボもZVW50/51系プリウスのマフラーを開発中です。音量はノーマルとほとんど変わりませんが、ステンレス製の本体に2本の出口(45φ)がとても美しいです。


以下はフジツボ製品の特長です。

フロアに沿った形状

メーカーによると空力まで考慮した造りを目指し、パイプ形状にもこだわったという本製品。大きくなりがちなサイレンサーもコンパクトに収められています。

これまでにないテール形状

いままでありそうでなかったラウンドスラッシュスクエアの出口は、ステンレスの輝きと相まってプリウスのリアがスポーティーになります。

両社のマフラーを比較した表

どちらも価格はほとんど変わらないので、オーナーの好みによりますが、音量や空力特性など性能で選ぶならフジツボ、対応グレードの多さやファッション性を重視するのであればロッソモデロを選択するのがいいかもしれません。

 ロッソモデロフジツボ
適合車種A、S、ツーリングセレクション、Eツーリングセレクション、
2WD専用
本体素材SUS304
出口チタンSUS304
テール外径80φ96×65mmラウンドスラッシュスクエア
メインパイプ径50.8φ45.0φ
近隣騒音(2,450回転時)86dB83dB
価格91,800円105,840円

ロッソモデロ
http://www.rossomodello.com/
フジツボ
http://www.fujitsubo.co.jp/prods/detail/000000000000002261/00000000000000005037/00001666

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑