ボルボがS90とV90にR-Designの新型モデルを追加

公開日: : 90シリーズ

ボルボS90とV90に内外装の質感を高めたスポーティー仕様のR-Designモデルが追加されます。

スポンサーリンク

フロントグリルなどの形状を変更

スポーツ性能を押し出す専用のフロントグリルや、ボンネットより張り出した大型バンパーを装備する本モデル。ボルボらしく、各部は細部まで丁寧につくりこまれています。

ボルボS90R-Desiginのサイドビュー

ボルボV90R-Desiginのサイド

5本スポークのアルミホイールは、表面を光沢感のあるダイヤモンドカットとし、スポーク側面と内側をマッドブラック(艶消し)仕上げとです。

黒を基調とした内装

黒で統一された内装は、ピアノブラックのカーボンパネルやステアリング、アルミ製フットペダル、そしてフィット感を強調したバケットタイプの本革シートなどを標準装備。

ボルボS90とV90R-Desiginの内装

ボルボS90とV90R-Desiginのステアリング

各部の革製品は白いステッチが入ります。

比較画像と動画を見る

通常のV90・S90との比較画像

V90とS90の標準車とR-Designの内外装を比較した画像です。

エクステリア

エクステリアはよく見ないとわからないレベルですが、R-Designはフロントグリル内部のメッシュが横並びなのに対し、通常版は長方形のものは縦に配置され、ミラーもボディ同色です。

ボルボS90とV90のR-designの外装比較

サイドとリアビューはホイールとマフラー形状が違います。

S90とV90のサイドを比較

インテリア

インテリアはリング照明がブルーから赤になったメーターや、ピアノブラックになったパネル、そしてスポーツシートの採用が大きな違いです。

ボルボS90とV90のR-designの内装比較

こちらはプロモーション動画と画像一覧です。


アメリカでは先行発売中

米国で既にオーダーを開始しており、日本でも近いうちに可能になる可能性があります。
搭載エンジンは今のところ未定ですが、もしかしたらT8エンジンが採用されるかもしれません。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑