メルセデスAMG A45 4MATIC Racing Editionは廉価版ながらクラス最強のエンジンが魅力

公開日: : AMG

メルセデスはAクラスにハイパフォーマンスモデルのAMG A45を追加し公式サイトで詳細を公開しました。

スポンサーリンク

クラス最強となるエンジンを搭載

AMG A45 4MATCHI Racing Editonが搭載する直列4気筒エンジンは、高効率のツインスクロールターボチャージャーの採用により2.0リッターという小排気量ながらクラス最強の381馬力の出力を誇るハイパワーエンジン。

トランスミッションも電子制御のAMGスピードシフトを搭載し、最適化されたシフトパターンと相まって滑らかな加速とシフトダウンを実現。

サスペンションやブレーキなどの足回り関係も専用スプリングや減衰力を強化したダンパー、更にスタビライザーの効果により、コーナーリングや高速安定性も大きく進化しています。

こちらは公式サイトで発表された動画です。

通常のAクラスとスペックを比較

以下は既に発売中のAクラスと、限定モデルのAMG A45を比較した画像すが、基本的に今までのE45と変わりません。

フロント部

各部のデザインは同じですが、ダイヤモンドグリルからシングルアームグリルに変更され、ダクトにスリットが入りました。

AMG A45とAクラスのフロントを比較

リア

リアディフューザーの装着に合わせてマフラー出口の形状が変わり、より空力を意識したリアスポイラーに変更されました。

AMG A45とAクラスのリアを比較

続きを見る

国内販売数は限定100台

販売台数はカルサホワイトとコスモブラックが各50台ずつ、合計100台という販売台数もさることながら、600万円を切る「5,830,000円」という価格になったメルセデスAMG A45。

電動シートの素材やリアアームレスト、COMANDナビやテレビチューナー、インテリジェントキーなどの便利機能が省かれた所謂「廉価版」ですが、7,200,000円の車両が1,370,000円も安くなるのはやはり嬉しいところです。

カルサホワイトのAMG A45 4MATIC RaincgEdition

メルセデスAMG A45 4MATIC RaincgEditionのリア

受注は2016年7月20日より開始されているものの、発売は8月の予定ですが気になる方はHPなどをご覧になることをオススメします。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑