マクラーレン720Sはフルカーボンフレームで650Sよりも速い!

公開日: : 720S

マクラーレンオートモーティブは、同社のスポーツカーマクラーレン650Sの後継車であるマクラーレン720Sを発表しました。フルカーボンフレームで構成されたボディは1283kgを実現。価格は3338万3000円です。

スポンサーリンク

軽量高剛性のモノケージⅡフレーム

650Sの1301kgに対して18kgマイナスの1283kgに軽量化されたマクラーレン720S。

しかもこの新フレームはドア開口部やフロントウィンドウ面積の拡大など、利便性の向上も兼ね備えたまさに夢のような新素材フレームなのです。

※ボディサイズは全長4,543mm、全幅2,161mm、全高1,196mm

新開発のM840Tエンジンを搭載

搭載されるのはM840T型と呼ばれる新型エンジン。出力は以下のとおりです。

  • 最大出力 720馬力/7500rpm
  • 最大トルク 78.5kgm/5,500rpm
  • 0-100km/h 2.9秒
  • 最高速度 341km

エンジンルームはガルウイングのドアロックを解除すると、赤いイルミネーションが点灯するというギミックが仕込まれています。

続きを見る

プロアクティブシャシーコントロール2によるダンパーコントロール

左右のダンパーを2本のオイルラインで連結したプロアクティブ・シャシー・コントロール2が採用されるマクラーレン720Sのサスペンション。

これによりスタビライザーが排除される他、バネ下重量が15kg軽量化されるとともに、サスペンションジオメトリの改良により、高いグリップ力とドライバーレスポンスのアップを実現。

更にドライバーの要求に応じて車を制御するアルゴリズム技術を導入。これはケンブリッジ大学で開発されたもので、コンフォート、トラック、スポーツの3つの走行モードを自動的に制御する技術で、ドリフトなども簡単にできるといいます。

※スポーツ走行時は通常のメーターが格納される代わりに、専用のデジタルメーターがせり出します。

レザーアルミニウムのスイッチが並ぶ720Sのインテリア

マクラーレンがドライバー第一主義を掲げて製作した720Sのインテリアは、シンプルなデザインのデジタルメーターが並ぶシンプルな造りながら、レザーアルミニウムのスイッチ類がセンター部に縦に配置されるという豪華な一面も持ち合わせています。


マクラーレン720Sの日本販売価格は3338万3000円です。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


BMW M4 CSを3000台の限定モデルとして発表!価格は1370万円

BMWはM4シリーズにCS(クラブスポーツ)を設定し正式に公開しました

Lexus LS500にFスポーツを追加!フルモデルチェンジで出力は415馬力に!

レクサスは最上級モデルであるLSをフルモデルチェンジし、更にスポーツバ

370Zヘリテージエディションはイエローが眩しい特別仕様車

日産は370Z(日本名フェアレディZ)の特別仕様車2018ヘリテージエ

ポルシェ911 GT3の新型はマニュアルよりPDKの方が速い!

ポルシェが新型911GT3 2018モデルを発表しました。本モデルはジ

JZX100マーク2ツアラーVは売れるのか?

絶版になって20年近く経つトヨタのマーク2ですが、ツアラーVだけは根強

PAGE TOP ↑