ランボルギーニウラカンスーパーレジェーラのおおよその価格とスタイルが判明

公開日: : 最終更新日:2016/07/24 ウラカン

2018年版となるランボルギーニの最新車両、ウラカンスーパーレジェーラのスパイショットを紹介します。

スポンサーリンク

専用の空力パーツを装備

ベースとなったウラカンと比較すると、形状が異なるフロントバンパーと固定式のGTウイングを標準装備していることが分かるスーパーレジェーラ。マフラーの出口位置も車体後部中央に変わっています。

【追記】市販車両のレンダリングCGが公開されました。ドア下部のストライプはイタリア国旗を意識しているようです。

ランボルギーニウラカンスーパーレジェーラのCG

ランボルギーニウラカンスーパーレジェーラのスパイショット1

【追記】排気音が収録されたテスト走行の動画を追加しました。

スーパーレジェーラとウラカンの比較画像

ベース車であるウラカンとの違いを見てみましょう。

フロント部

フロントバンパーがより空力を意識した形状に変更されました。

スーパーレジェーラとウラカンのフロントを比較

リア

大型のウイングとマフラーレイアウトが変わったことによるリアデュフューザーの形状変更がメインです。

スーパーレジェーラとウラカンのリアを比較

記事の続きを見る

出力アップと軽量化を実現

車体の軽量化を実現するのに手っ取り早いのがカーボンを使用すること。しかし強度を出すためにはカーボンを編み込む必要があり、コストアップの原因となっていたのです。

そこでランボルギーニ社は、金型にカーボンと樹脂を混ぜ込みプレス成型する「フォージドコンポジェット」という技術を開発し、短時間での製造とコスト削減を実現した結果、ウラカンより約33kgの軽量化を実現しました。

エンジンやミッションの詳細は以下をご覧下さい。※変更の可能性あり

 スペック
エンジンV型10気筒5.2リッターエンジン
排気量5,200cc
出力620馬力
車体重量1389kg
トランスミッション7速DCT
駆動方式4WD

発売は2017年の予定

2016年9月にワールドプレミアの予定で、市場投入は2017年内になります。価格は約2,540万円~3,000万円となります。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑