ランボルギーニウラカン用のカーボンバンパーエアロとステアリングがカッコよすぎる

公開日: : ウラカン

VorsteinerがLP610-4型ランボルギーニウラカン用のエアロパーツを開発しました。

スポンサーリンク

バンパーはカーボン剥き出し

純正品と言われてもおかしくない程、隙間なく取り付けられたフロントバンパーは、ウラカンのデザインに合わせて牙のような鋭い造形が特徴です。

vorsteiner製のランボルギーニウラカン
vorsteiner製ランボルギーニウラカンのリアデュフューザー
ランボルギーニウラカンスーパートロフェオの画像

スーパートロフェオ(上部画像)のオマージュなのか、フロントフェンダー上部には5本のスリットが入り、リアは荒目メッシュのリアグリルと三角形のリアデュフューザーで構成されます。

機能性を追求した各パーツ

バンパーをはじめ、GTウイングやデュフューザーやサイドスカートは高速域での空気の流れを抑制し、最適なダウンフォースを生み出すよう設計され、またオリジナルマフラーはスムーズな排気を促し、エンジンレスポンスの向上にも貢献します。

vorsteiner製ランボルギーニウラカンの画像2
vorsteiner製ランボルギーニウラカンのフェンダー上部

比較画像と動画

ノーマルウラカンとの比較画像

そのままでも十分なほどかっこよかったウラカンが、このエアロを装着すると更にかっこよくなります。

フロント、サイド部

バンパーと、リップでノーマルよりも全長が長くなるフロント部。サイドスカートは純正同様のデザインながらも、開口部が拡大されエンジンの冷却に効果を発揮します。

vorsteinerランボルギーニとノーマルのフロント

リア部

後部はGTウイングをはじめ、バンパーを丸ごと覆うリアスポイラーと、デュフューザーのおかげでレーシングカー的な印象になりました。

vorsteinerランボルギーニとノーマルのリア

インテリア

カーボン製のステアリングになったくらいですが、外装との統一感が生まれました。

vorsteinerランボルギーニとノーマルの内装比較

vorsteiner製ランボルギーニウラカンの動画

ショールームに展示中の車両と、アルミホイールなどを収めた動画です。艶消しパープルのボディに光沢のあるカーボンの輝きが美しいです。



スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑