BMW 4シリーズグランクーペはマイチェンでデジタルコックピットを採用

BMWは4シリーズのクーペとカブリオレ、そしてグランクーペのマイナーチェンジモデルを展示し報道陣に公開しました。主な変更点はボディカラーの追加やヘッドライト・テールライト、ホイールのデザインと内装の塗装変更が挙げられます。

スポンサーリンク

光沢パネルで質感を向上させた内装

このマイチェンで内装にも手が加えられたBMW 4シリーズ。グランクーペとカブリオレ、クーペともに同じデザインですが、光沢を帯びたピアノブラックのインパネをはじめ、ダブルステッチやクロムアクセントパネルの採用が主な変更点です。

ナビシステムも一部改良されているようです。

走行パターンで変わるデジタルメーター

従来の物から最新技術の投入でデジタルコックピットへと変わった計器類。メーター色もこれまでのアンバーレッドからホワイトになりより見やすくなりました。

センターパネルには高解像度のプロフェッショナル・ナビゲーション・システムを搭載します。

続きを見る

BMW M4 CSも既に用意されている!?

今回のジュネーブショーにはBMW M4 CS(クラブスポーツ)は登場しませんでしたが、4シリーズラインナップのトップとして既に開発が進められています。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑