50系プリウスがライトカバーとバックフォグ付きリアバンパーで厳つく変身

公開日: : プリウス

WALDが開発した現行プリウス用のドレスアップキットを紹介します。

スポンサーリンク

数少ないバックフォグ付きキット

デビューから約半年が経過して50系のエアロも数が揃いつつありますが、遂にバックフォグ付きのリアバンパーがWADLから発売されます。

50プリウス用バックフォグ付バンパー
50プリウスのフロントホイールその2

デザインは多くの社外メーカーが採用しているデュフューザータイプですが、反射板とセットになっているのがポイントです。

※左右の反射板はLEDリフレクターではありません。

表情をシャープに見せるヘッドライトカバー

50プリウスといえば切れ長のヘッドライトが特徴ですが、WALDはウインカー部にカバーを取り付けることで、アクが強すぎたフロントフェイスを引き締めることに成功しています。

WALDの50プリウス用ライトカバー

エアロ有りと無しを比較した画像

最後にエアロの有無でどのくらい変わるかを比較した画像を紹介します。

フロント部

フロントアンダーとカナードの効果によりボリュームが増したフロント部。ライトカバーの効果もあり、のっぺりした表情がスタイリッシュになりました。

WALDエアロ有りと無しのプリウスを比較

リア部

空力特性こそ持たないものの、サイドステップとリアアンダーはボディを大きく見せる効果があります。更によく見ると、コの字型のリアコンビランプカバーでライトの点灯パターンが変わっているのが分かります。

WALDエアロ有りと無しのプリウスのリアを比較

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑