80系ノアG’sはフロントグリルとLEDヘッドライトがかっこいい

公開日: : ノア

7人乗り仕様のSiグレードをベースとしたノアG’sが、TOYOTA GAZOO RACINGより発売されました。

スポンサーリンク

専用デザインのフロントグリル

「N」のシンボルマークと3本のメッキグリルが特徴だったノーマルノアですが、G’s版は開口部をあえて小さくし正面から見たデザインを一新しています。

80系ノアGsのエクステリア
80系ノアGsのリア

※リアゲートウイングは標準装備されているものです。

LEDクリアランスランプが付いたヘッドライト

LEDクリアランスランプとブラックエクステンション加飾が施されたヘッドライト。ベース車のSiもスモーク調でしたが、各部がより際立って見えるのが特徴です。

80系ノアGsのブラックエクステンションヘッドライト

80_noah_gs_18inch_wheel

足回りは、フロントバネレートを1.6倍、リアを1.3倍に強化したコイルスプリング、そして215/45R18サイズのタイヤ(ブリヂストンのPOTENZA RE050A)とアルマイト加工された10本スポークのアルミホイールが装着されます。

ボディカラー

ボディカラーはダークシェリーマイカメタリックとオーシャンミントメタリックを除いた5色。

オーシャンミントメタリックはスポーティーなイメージがないのかヴォクシー同様省かれました。

ノーマルとの比較とその他の画像

ノーマルノアと比較する

G’s(左)とベースとなったSi(右)との違いをまとめました。

エクステリア

ノアの特徴だったフロントグリルが小型化され、ブラックエクステンション加工されたフロントマスクは精悍なイメージになりました。メッシュホイールも、スポークになりインチアップされたことで若々しく見えます。

Gsノアとベース車のフロントを比較
Gsノアとベース車のリアを比較

インテリア

文字盤がアンバーレッドに輝くメーターや、本革巻きのステアリング、G’s専用オープニング画面がかっこいいマルチインフォメーションディスプレイなどで落ち着いた印象になりました。

Gsノアとベース車の内装を比較

車高やタイヤサイズを含めたノーマル車との比較表です。

 ノーマル車G'sノア
フロントスプリングバネレート26 N/mm41.9 N/mm
リアスプリングバネレート53 N/mm75.6 N/mm
フロントスタビライザー径無し非公開
リヤスタビライザー径
フロント車高ダウン量-20 mm
リア車高ダウン量-25 mm
全高1,825 mm1,810 mm
最低地上高160 mm145 mm
タイヤ205/60R16215/45R18
ホイール16x6.0J IS50 18x7.0J IS51
車両本体価格273,9273円3,119,237円

最後にノアとヴォクシーを並べてみました。

80系Gsノアとヴォクシーの画像

さすがに兄弟車だけあって、似たり寄ったりの外観(内装に至っては全て一緒)で価格も変わりませんが、家族向けのミニバンをカスタムできるのはユーザー、特にお父さんにとっては非常にありがたいことです。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑