ハリアー(AVU65/ZSU6)のエアロにスピンドルグリル付フルバンパーが登場

公開日: : 最終更新日:2016/03/06 ハリアー ,

ZSU6型、AVU65W型ハリアーのエアロパーツを紹介するページです。コンプリートカー販売でおなじみのG’Sを始め、シルクブレイズやM’ZSpeedからも個性的なエクステリアパーツが発売されています。

スポンサーリンク

ハリアーをスポーツカーに変身させたG’S

レースで培ったノウハウをもとにハリアーをスポーツカー風に仕上げたG’S。専用のエクステリアとインテリアは、ドライバーを走りの世界に誘う要素が満載です。

メッシュグリル付き大型フロントバンパー

ノーマルより開口部が大きくなったLEDイルミネーション付フロントバンパーは、エンジンの冷却性能アップに貢献します。

デザインが一新されたリアバンパー

ノーマルの内側に回り込むデザインとは違い、ボトムラインを強調するかのように大きく下に伸ばされたリアバンパーは車体を大きく見せます。

G'Sハリアーとノーマルのリアを比較した画像

マフラーやアルミホイールはハリアー専用品

オーバルマフラーや19インチアルミホイールはすべて専用設計となります。

スポーツシートやシフトノブで飾られたインテリア

ダークメッキ調のインパネやシフトノブ、本革巻きステアリングなどで高級感がアップした車内。

ノーマルとG’Sハリアーの比較画像

左がG’S、そして右側がノーマルハリアーのインテリアです。マークXと同様アンバーレッドのオプティトロンメーターや、艶ありブラックのインパネ、アルミ製ペダルなどノーマルとは全く違ったインテリアとなります。

アフターメーカーからはスピンドルグリル型フロントバンパーも登場

ここからはアフタメーカーの製品を紹介します。社外品と言えど、ハイブリッド車にもしっかり対応しています。

詳細を開く

Lexusと間違えそうなシルクブレイズのエアロ

シルクブレイズのエアロパーツは以下の特徴があります。

Lexusと同デザインのスピンドルグリル

大型のフロントバンパーはなんとスピンドルグリルを採用。もちろん同社の特徴でもある塗り分けにも対応しています。

夜間時の視界をサポートするLEDライト

バンパーの両サイドに設けられたLEDデイライトは夜間走行を始め、昼間でも存在をアピールします。

フロントマスクに立体感を与えるボンネットカバー

両面テープで取り付け可能なボンネットカバーは、のっぺりしたボンネット部を立体的に見せる効果があります。

バックフォグを標準装備

若すぎる気もしますが、バックフォグも装着が可能です。

ハーフタイプながらも迫力があるM’ZSpeed

ここからはM’ZSpeedの製品を紹介します。

車幅を広げるワイドフェンダー

ワイドフェンダーを装着すれば、フロント・リアそれぞれ30mmのワイド化が可能です。

直線的なラインがスポーティーなフロントグリル

純正の垂直タイプのグリルとは違い、3本の水平ラインが入ったグリルを採用しスポーティーな仕上がりになっています。

リアビューを引締めるリアゲートウィング

ボディー同色に塗装も可能なコの字型のリアゲートウィングは、他社にはない造形で非常に個性的です。

オリジナルの車検対応マフラー

4本出しマフラーは2010年の新基準にも対応しているので車検もバッチリ。

ピラーを飾るステンレスピラーリフレクター

ピラーに貼りつけるステンレス製のパーツです。指紋は気になりますが、これを着けるだけで雰囲気が変わります。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑