マイチェンしたエスティマ用のメッキロアグリルとフロントリップが登場

公開日: : エスティマ

後期型にマイナーチェンジしたばかりのエスティマ用エアロパーツがモデリスタとWALDから発売されました。

スポンサーリンク

メッキグリルとスポイラーの2タイプ

違うメーカーながら同時にリリースを開始したモデリスタとWALD。

どちらもフロントとリアのみの設定ですが、WALDからはマフラーカッターも出ました。
※同社のリアアンダーを取り付けた車両のみ適応。

WALDエアロのエスティマ
モデリスタエアロのエスティマ

モデリスタはおなじみのデザインながら、フロントエンブレム下のロアグリルなどにメッキパーツを巧み使い、高級感のあるデザインに仕上げています。

エアロの価格表

今回発表されたエスティマ用エアロの価格表です。
フルエアロのほか、塗装ありと無しで値段が変わってきます。。

 塗装済み価格無塗装価格
対応車種AHR20W及びACR50W
MODELLISTAフルセット103,680円96,000円
フロントスポイラー63,720円55,080円
リヤスカート48,600円39,960円
フロントグリルカバー51,840円無し
WALDフルセット123,120円108,000円
フロントスポイラー71,280円66,960円
リヤスカート62,640円50,760円
マフラーカッター29,160円
ノーマルとの比較画像はこちら

エアロ装着車とノーマルとの比較画像

エアロ有りと無しの比較画像を見てみましょう。まずはモデリスタから。

フロント部

ボリュームが増したバンパーと、メッキグリルカバーの効果でフロント部がラグジュアリーな雰囲気になります。

モデリスタのエスティマとノーマルの比較

リア部

反射板取付け部がブラックアウトされたリアアンダーは、ツートンカラーとの相性がよさそうです。

モデリスタのエスティマとノーマルのリアを比較

次はWALDです。

フロント部

派手さはないものの、中央部のメッキがいいアクセントになっています。

WADLのエスティマとノーマルのフロントを比較

リア部

モデリスタと比較しても控えめなデザインですが、マフラーカッターと組み合わせるとスポーティーになります。

WADLのエスティマとノーマルのリアを比較

派手さを求めるならモデリスタ、スポーティなイメージが好きな人ならWALDがオススメです。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑