クラウンG’Sは新型の8AR-FTEターボエンジンを搭載!?

公開日: : 最終更新日:2016/03/06 クラウン ,

ARS21型クラウンにG’Sモデルが追加される見込みです。

スポンサーリンク

これがクラウンG’Sの画像だ

これはまだ開発中の画像ながら、車体デザインを損なうことなくスポーティーな雰囲気に仕上げることで好評のあるG’Sシリーズだけに、どういうエクスエリアに仕上げてくるか興味深いところです。
新型クラウンG'Sの予想画像ベース車はおそらくアスリートと、マイナーチェンジで追加された2L直列4気筒エンジン、8AR-FTEを搭載するアスリートS-Tになることが予想されます。このターボエンジンには専用チューニングを施し最高出力は300馬力を超えるのではないかというニュースも。

1,600kgを超える車重ながら加速感は十分というクラウンターボも、更なる出力アップとなれば単なるブーストアップではなく、信頼性や耐久性も考慮してECU、タービン、燃料計などの補給機なども専用品に交換されノーマルとはまったく違う車に仕上がるでしょう。

アスリート系のV6エンジン、2GR-FSEはNAなので大きく出力アップすることが難しいでしょうから、マークX同様に足回りやボディー剛性をアップした仕様になるかと思います。

ノーマルと比較してどこが変わるのか

下記のような仕様になるのではないかと予想します。

ターボエンジンの出力が大幅にアップ

2リッターターボモデルに専用チューニングを施し300馬力へパワーアップ

ボディー・足回りなどもカスタマイズされる

専用サスペンションや、G’S専用ブレーキキャリパー、メンバーブレースや溶接点の追加によるボディー剛性の向上

車両価格はどれくらい?

これも予想ですが、エンジンに手をいれるとなると2Lモデルは50万~80万円ほどの上乗せし、最高530万円前後になるのではないかと予想します。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑