AGH30W系新型アルファードの地上高が稼げてバックフォグ迄ついてるスポイラーが登場

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 アルファード , , ,

2015年の初めに登場したH30W型、新型アルファード。マイルドヤンキーが好みそうなスタイルはネット上で賛否両論を巻き起こしましたが、(私も最初はネズミに見えて仕方なかった)慣れてくるとすごくかっこいいですね。今回、アルファードのボトム周りをさらにボリューミーにするフロントとリアスポイラーがSilkBlazeより登場。もちろんハイブリット車にも対応しております。
30系アルファードの画像
パーツ自体はそれほど大きくはないですが、バンパーよりもさらに前方にしゃくれるように突き出したリップがアクセントになっています。またリアにはこの手の車に乗る人には必須アイテムである?バックフォグが付いております。

スポンサーリンク

30型アルファードにエアロを装着した画像

画像をクリックすると移動します。

取付位置はバンパー下

イラストで赤く塗られたものが取り付けられるパーツです。
toritukeichi1

レッドラインが入った別売りのテープを貼りつければ手軽にイメージチェンジが可能。これはサイドステップなどにも取り付け可能です。

ラインテープの取付

最低地上高も確保されているので、まったく車高を落とさない状態では、最低地上高もほとんど変わらないので安心です。

アルファードの最低地上高

塗装はツートンカラーも用意

各種カラーを確認する

塗装済みの製品を注文する場合、このようにリップの塗り分けを指示することもできます。

ツートンのリップ
大型のパーツを取り付けると、割れる恐れもあるし何より運転しにくくなりますが、これくらいの薄いリップであれば極端に車高を落とさない限りは擦ったりぶつけたりすることも少ないでしょうから、安心して取り付けられそうですね。

SilkBlaze製30系アルファードの特徴

フロント、リアどちらもツートンカラーでの注文ができる

リップ全体は黒、上部のみ白というようにツートンカラーでの塗装オーダーができます。

地上とのクリアランスも十分

ノーマル車高であれば最低地上高は200mmと余裕があるので、破損の心配も少ないです。

価格などの詳しい情報はこちらから
silkblaze アルファードの商品ページへ

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215
スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑