新型アルトワークスが発売!バンパーガーニッシュなどアクセサリーも充実

公開日: : 最終更新日:2016/03/06 アルトワークス

HA36S型のNewアルトワークスの発売が開始されました。車両は現行型アルトターボRSをベースに専用チューニングを施し動力性能は大幅に向上しています。また、車を彩るアクセサリーパーツもリリースされました。

ボディカラーはパールホワイト、レッド、シルバー、ブラックの4色となります。

スポンサーリンク

フロントグリルガーニッシュなど専用アクセサリーも充実

フロントロアガーニッシュやカーボン調ルーフデカールなどのアクセサリーも同時リリースされました。

ドライカーボン製フードデカールやフェンダーデカール、足回りを彩る15インチの専用アルミホイールなど、
アルトワークスを更にスポーティーな車に仕上げられる小物が多数あります。

ワークスは黒とシルバーの内装となりますが、サイドルーバーガーニッシュを取り付けるとRSのような鮮やかなインテリアになります。

5速マニュアルとトランスミッションを新設定

最大の目玉となるショートストロークの5速マニュアルトランスミッションですが、それ以外にも細かいところが変わっています。

詳細を開く

ボディー剛性の向上

RSよりも更に溶接スポットを増やしボディー剛性を大幅にアップさせました。

KYB製専用サスペンションを搭載

サーキット走行もできるように、KYB製のサスペンションをフロントとリアに装備。

R06A型エンジンの出力向上

ECUをチューニングし、レスポンスの向上を図るとともに、冷却効率をアップさせトルクアップを実現しました。

ENKEI製15インチアルミホイールを装備

リム幅が拡大されて15インチのアルミホイールを装備しています。

インナーブラックメッキのヘッドライトを採用

ヘッドライトの内側をスモーク調としRSより精悍な顔つきとしました。

赤だったバンパー部のアクセントをブラックに変更

派手さはなくなりましたがスパルタンな雰囲気になりました。

新型アルトワークスのスペック

発売されたばかりのアルトワークスのスペック表です。

 詳細
エンジン形式R06A型ターボエンジン
最高出力64PS/6,000回転
最大トルク10.2kg・m/3,000回転
燃費(2WD)23.0km/L

発表されたばかりのCMと峠を走る動画

最後にCM動画を。やっぱりマニュアルを前面にアピールしていますね。




詳細はスズキアルトワークス HPへ http://www.suzuki.co.jp/car/alto_works/

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑