WRX-STI-VAB型用のエアロやカーボンボンネットがVARISから登場

公開日: : 最終更新日:2016/06/23 WRX-STI , ,

バリスからWRX-STI専用のエアロパーツが登場。

スポンサーリンク

バリスSTIの画像を見る

写真の車両に取り付けられているのはすべてカーボン製品(リアデュフューザーは後部から見える部分のみカーボン)になります。
ラインナップはフロントリップ、サイドアンダーボード、リアデュフューザー、エアインテークが大型化されたカーボン製クーリングボンネットやGTウィングと非常に充実しています。素材はFRP、もしくはバリスが独自に開発したカーボン素材VSDC(Varis Semi DryCarbon Manufacturing)を採用し大幅な軽量化を実現。これはサーキット走行で威力を発揮しそうです。

他にも片側8mmプラスとなるワイドフェンダーやスプリッターフィンやカーボンミラーカバーなども同時リリースされています。
VAB型WRXSTIのエアロ

このエアロパーツの詳細

製品の仕様や詳細などをまとめました。

詳細を開く

素材はカーボンとFRPの二種類

安価なFRPと信頼性の高いカーボンを選択できるようになっています。

ワイドフェンダーは保安基準適合製品

STIオーナメントも取り付け可能なワイドフェンダーは公道走行も可能。

30mmと50mmのエクステンションリップを用意

赤い塗装が施されたエクステンションリップをフロントリップに取り付けると更にイメージが変わります。

カーボンボンネットはフロントの軽量化に貢献

純正の9kgから6kgへと3kgの軽量化ができるボンネットは専用スタンドバーが付属します。

リアデュフューザーは交換可能

デュフューザーは破損時に交換ができるように、センター・サイドそれぞれ別に交換が可能です。

GTウィングは純正の取付穴を使用

GTウィングは純正ウィングの取付穴にマウントブレイクキットを挟んで取り付けます。

キットの価格表

価格表を開く

ほとんどのパーツがカーボン製品なのでかなり高価ですが、サーキット走行には効果的なパーツになっています。

 素材 
フロントスポイラーカーボン¥82,000
FRP¥55,000
エクステンションリップFRP¥48,000
フロントフェンダーFRP¥94,000
サイドアンダーボードカーボン¥70,000
リアデュフューザーカーボン¥168,000
ハーフカーボン¥138,000
リアデュフューザー交換部品カーボン¥15,000
ハーフカーボン¥10,000
サイドスプリッターフィンカーボン¥17,000
マフラーカバーカーボン¥17,000
ボンネットFRP¥118,000
カーボン¥168,000
VSDC¥268,000
軽量トランクカーボン開発中
VSDC同上
ウィング取付キットFRP¥40,000
GTウィングカーボン¥140,000~¥160,000
バイザーカーボン¥26,000
ミラーカバーカーボン¥40,000
総額カーボンの場合¥880,000

フルエアロの車両を動画で見る

最後に全パーツを取り付けた車両を360度パノラマビューでご覧ください。


【この記事で紹介したバリスエアロの価格を楽天で確認する】

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑