WRX STIが2018年型にマイナーチェンジ!中古と査定価格は逆転現象が起きている?

公開日: : 最終更新日:2017/02/09 WRX-STI ,

スバルはスポーツモデルのWRXとその上位モデルであるSTIを改良(マイナーチェンジ)し発売します。バンパーなどのエクステリアの他に、ブレーキなどにも手が入りこれまでよりも動力性能が大幅に向上します。なお、この新型の登場により中古車価格や査定額にも変化が現れるものと思われます。

スポンサーリンク

外装以外にもミッションなどを改良

ウインカーをヘッドライト内に移動し、フォグランプを廃止した結果すっきりとしたデザインになったフロントバンパー。

開口部が大きくなり冷却効果の向上が見込まれますが、特にSTIはグリル内に余計なものが無くなりスパルタンなエクステリアになりました。

マイナーチェンジしたWRX STIの画像

マイナーチェンジしたWRXのエクステリア

WRXはマイチェン前とほぼ同じですが、LEDデイライトが廃止された代わりにカーボンフレームを採用し、質感を高めた他、ブレーキのアップデートをメインとしたパフォーマンスパッケージを新設定。

※軽量化のためサンルーフはなくなりました。

6速マニュアルトランスミッションはシンクロの再設計により、これまで以上にカチッとしたシフトフィールとスムーズなシフトチェンジができるように改良されています。

前期と後期のWRXとWRX STIの比較画像です。

前期と後期のWRXを比較した画像

前期と後期のWRXSTIを比較した画像

その他の改良点一覧

  • RECARO社製8ウェイパワーシートの採用(全車)
  • 防音効果を高めたフロントガラスの採用
  • ブレーキキャリパーを赤塗装に変更(WRX)
  • 新設計の18インチアルミホイール(WRX)
  • 245/35R19サイズのタイヤとホイールを採用(STI)
  • フロント6ピストン、リア2ピストンのブレーキを採用(STI)
  • ブレーキキャリパーをイエロー塗装に変更(STI)
  • 電子制御デフの見直し(STI)

エンジン出力は変わりませんが、ブレーキなど安全性能の向上がこれまで以上に見込まれます。

WRX STIともに中古価格と買取査定額が変わる

WRX STIの2018年モデルが登場することにより、これまで高値安定だった中古車価格と買取査定額も大きく変わります。

特に低年式、過走行の車両は更に価格が下がり買いやすくなるので、これを期に中古価格を確認してはいかがでしょうか?

【カーセンサーでWRXの価格を確認】

購入とは逆に売却を検討しているという方はこちらのサイトでの一括査定がオススメですよ

【車選びドットコムで一括買取価格を確認】

2017年1月現在の平均買取価格はこちら。STIに関しては在庫の関係で平成26年式が27年式より高い逆転現象が起きています。

 WRX STIWRX
平成27年300万円290万円
平成26年310万円260万円
スポンサーリンク

Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3102

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

次期スープラのLEDヘッドライトと内装が見えた!市販車両は10月公開

発売が期待されるトヨタスープラ新型モデルのLEDヘッドライトが海外で撮

ポルシェ911 GT2 RSの価格は4000万円!?インタークーラー冷却機能も搭載

ポルシェ911の第7世代となるGT2 RSが発売されます。690馬力(

次期リーフのフルモデルチェンジは2017年9月6日!画像を公開するぞ!

日産自動車がフルモデルチェンジするリーフの画像を公開しました。新型はダ

PAGE TOP ↑