レガシィLimited Smart Editionはインテリアに拘った特別仕様

公開日: : 最終更新日:2016/03/06 レガシィ(アウトバック)

レガシィアウトバックシリーズにリミテッドスマートエディションが登場。

スポンサーリンク

インテリアが改良されたアウトバックスマートエディション

これは主に内装を中心に改良を加えた特別車です。
特にポイントとなるのがシートにスエード素材が使われている点。身近なところでは高級靴などにも使用されている素材ですが、それがこのアウトバックのインテリアにも採用されています。
アウトバックスマートエディションの画像
ブラック塗装の下部
スエードの内装

レガシィLimited Smart Editionの動画

こちらは東京モーターショーで撮影された動画です。シートの質感が良く分かります。

装備が豪華になるも価格はダウン

インテリアの素材が変わったので、車両価格は上がるかと思ったのですが今回は10万円以上もダウンしています。

以下は具体的な変更点。

シートとドアトリムの素材が変わった

ウルトラスエード素材のシートとドアトリムを採用し、内装の質感がアップした。

ボディー下部のメッキパネルを廃止

メッキを廃止しブラック塗装とすることで、落ち着いた印象のエクステリアになった。

車両本体価格のダウン

10万8000円安い3,348,000円になりました。

発売は2016年

発売日は年明け早々の2016年1月5日に決まりました。

従来型との比較画像

外装はアンダー部が黒で統一されたことにより、OUTBACKのエンブレムが目立つようになりました。
シートは画像右の従来型はメインが本皮、サイドがシルバーステッチの合成皮革でしたが、中央部の素材がスエードに変更されています。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑