V37スカイラインセダンにツインターボのVR30エンジンが搭載される

公開日: : 最終更新日:2016/03/06 スカイライン

欧州向けV37型スカイラインセダン(infinityQ50 RED SPORT)の2016年モデルに新開発のV6型VR30エンジンが搭載されることになりました。搭載されるエンジンはVQシリーズの後継型エンジンで、ツインターボで武装することにより馬力・トルクともに大幅にアップしています。

スポンサーリンク

車名はQ50 RED SPORTになる

欧州向け400馬力仕様の車名はQ50 RED SPORTになるそうです。他にも中東向けに300馬力バージョンも発売されます。

【追記】
こちらが公開されたV37スカイラインセダンレッドスポーツの画像です。

後期型V37セダンのリア

後期型のV37スカイラインセダン

マイナーチェンジしたV37セダンの本革シート

新エンジンVR30エンジンと現行型のスペックを比較する

現在発売中のモデルとの出力差を現した表です。ハイブリット(モーター出力を含まず)とは約26馬力、2リッター直4モデルに至っては189馬力もプラスです。ターボが付くので当然と言えば当然ですが、これだけスペックが上がるとまったく別の車になりそうです。
ただこれだけ差がでるのにミッションは従来の7速ATなのが残念です。

 欧州仕様V37セダン日本仕様ハイブリット2L直4ターボ
馬力400馬力374馬力211馬力+26~189馬力
トルク48.5kgm35.7kgm35.7kgm+12.8kgm

V6、3リッターVR30エンジンの動画

この車に搭載されるVR30エンジンの解説動画です。後半ではボンネットに収まっている様子が少しだけ映ります。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑