スカイラインクーペがV37型へモデルチェンジ。276M30型ターボエンジンを搭載

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 スカイライン , ,

2015年の1月に我々の前に初登場したV37型のスカイラインクーペ(北米ではインフィニティQ60)。セダンのデザインを継承しつつよりスポーティーに仕上げられたエクステリアを見て「市販車もこれと同じくらいかっこよくしてほしい」と思ったユーザーも多いかと思いますが、情報によるとほぼこのままのデザインで販売されるとか。

スポンサーリンク

V37スカイラインクーペのエクステリアとインテリアの画像

セダンより低くなった全高とルーフがクーペボディーの美しさをより際立てています。

ただ、リアコンビネーションランプが横長のデザインになったので、もしかすると伝統の丸型テールランプがまたなくなってしまうんじゃないかという心配がありますが、市販時(マイナーチェンジ後かも)には変更される可能性もありますのでそこは期待して待ちましょう。
車内に関して情報が少ないものの、画像を見ると運転席と助手席が独立し、ドライバーを包み込むような設計になっており高級感もあります。シフトパネル周辺のスイッチはドライブモードセレクターだと思います。

v37スカイラインクーペの画像

エンジンは3Lツインターボを搭載予定

セダンとクーペの比較図

画像右の現行型セダンと比べてもボディーサイズはほぼ変わらないですが、メルセデス製の276M30型V型6気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力が大幅にアップする予定です。

 V37クーペV37セダン
全長4,690mm4,790mm-10mm
全幅1,865mm1,820mm+45mm
全高1,370mm1,440mm-70mm
ホイールベース2,850mm2,850mm変更なし
エンジン3リッター V型6気筒276M30型2リッター 直列4気筒274A型
最高出力333PS211PS+122PS
最大トルク48.9kg.m35.7kg.m+13.2kg.m

コンセプトカーの動画

動画を開く

以前公開されたインフィニティQ60の動画です。LEDを使用した奥行きのあるヘッドライトと、テールランプがかっこいいです。


発売は2016年の予定

まだ具体的なことは分かっていませんが、発売は2016年とのこと。2007年に現行型が登場してから約9年間ずっと同じモデルだったので、もしかするとこのまま絶版になってしまうのではないかと思っていましたが、新型ターボエンジンを搭載しての登場となったクーペ。
もう少ししたらより具体的なことがわかってくると思いますので、それまで期待して待ちましょう。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑