V37スカイラインクーペレッドスポーツの価格が407万円~に決定

次期スカイラインクーペの販売価格が407万円からになることが決定しました。

スポンサーリンク

最低価格は407万円

ベースとなるのは4気筒のエンジンを搭載する2.0Lシングルターボモデル。最高出力は208馬力と若干控えめですが、19インチアルミホールや電動パワーウェイシートなどの快適機能も標準装備。

V37スカイラインレッドスポーツの画像

V37スカイラインレッドスポーツの画像2

それに対し、目玉となるのはV型6気筒の3.0リッターツインターボを搭載する通称「レッドスポーツ」は、最高出力400馬力のエンジンをはじめ、マニュアルライクなシフト操作が可能なASC(アダプティブシフトコントロール)や、マニュアルシフトモードなど、スポーツ要素の高いモデルです。

V37クーペのグレードとスペック表

以下はスカイラインクーペのスペックや装備をまとめた表です。

項目グレード 
エンジン2.0L 4気筒ターボ3.0L V6ツインターボレッドスポーツ 3.0L V6ツインターボ
最高出力208馬力/5,500回転300馬力/6.400回転 400馬力/6.400回転
最大トルク48.3kgm/1,500~3,500回転40.7kgm/1,600~5,200回転/1,600~5,200回転
トランスミッション電子制御7速AT7速DCTマニュアルモード付き7速DCT
駆動方式FRFRFR
価格407万円(39,885ドル)461万円(45,205ドル)489万円(47,950ドル)

グレードは3種類ですが、全車種パワームーンルーフや4WD、ボーズスピーカーのオプションが用意されます。

内装の画像などを見る

人間工学に基づいたインテリア設計

V37スカイラインクーペの内装は人間工学に基づいて設計されており、フロントのスポーツシートは最適なドライブポジションになるようにセッティングされ、両サイドのドアは任意の位置での開閉と跳ね返りをなくすために、専用のドアストッパーが取り付けられています。

V37スカイラインレッドスポーツの内装

タコメーターのレッドゾーンは7,000回転で、スピードメーターはマイル表示だけでなく、日本使用に合わせて180kmまで刻んであります。

V37スカイラインレッドスポーツのタコメーター
v37_skyline_coupe_image25

空力性能やサスペンション性能もアップ

トランク上部設置された小型スポイラーの効果によりCd値が0.28へと減少し空力性能が改善。また、ロールやピッチを押さえるためにダイナミックデジタルサスペンションを搭載し旋回性能もアップしました。

他にもドライバーのステアリング操作に瞬時に反応するダイレクトアダプティブステアリングを搭載し、スムーズかつダイレクトなハンドル操作を可能としています。

9月にアメリカで先行発売

アメリカではInfinitiQ60の名で先行発売されるV37スカイラインクーペ。日本での発売時期はまだ未定ですが、おそらく来年には登場すると思われます。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑