ZE0型リーフのエアロスタイルがオーテックから登場

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 リーフ ,

電気自動車は排気ガスを出さないから環境に優しいっていうイメージが先行しがちな日産リーフ。街中に設置された充電スポットに駐車されている姿もよく見ますが、実際にはLEAF NISMO RCなんていうサーキット専用車としても活躍したり、CMでは180sxをより加速がいいところを見せてくれたりと、意外にもスポーツ走行もこなしちゃうすごい車だったりします。

スポンサーリンク

車幅灯と連動したLEDイルミを標準装備

フロントバンパーは車幅灯をONにすると連動して点灯するLEDイルミネーション付です。

テレビやサーキットに何度も出てくるリーフを見て購入したいと思ったり、もう少しカスタマイズしたいって思っているオーナーにオススメなのが、オーテックから発売されたこの【エアロスタイル】です。
構成される外装部品はフロント・サイド・リアとアルミホイールの4種類。

インテリアはブラックに統一され、オプションでホワイトレザーシートも選択できます。

リーフエアロスタイル

ノーマル車の比較と価格表

リアも変わりますが、特にフロントバンパーを変えることによって間延びしてしまっているボンネット付近が引き締まります。

S、X、G共通で以下のとおりです。

 バッテリー容量
24kwh
バッテリー容量
30kwh
S3,106,080円3,500,280円
X3,578,040円3,972,240円
G3,894,480円4,288,680円
クリーンエネルギー補助金最大27万円を活用最大51万円を活用
上記補助金活用時の
Sエアロスタイルの価格
2,836,080円2,990,280円

例のCMとエアロスタイルの走行動画です

動画を開く

このCMを始めてみたときは嘘だろって思ってしまいました。



個人的にはこういうエアロパーツもいいんですが、ドライバー全員がクラクションを鳴らして警告する訳ではないので、安全対策として歩行者にもっと車の存在をアピールするような装置も開発してほしいです。

詳細は日産リーフまで

スポンサーリンク

Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3102

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

次期スープラのLEDヘッドライトと内装が見えた!市販車両は10月公開

発売が期待されるトヨタスープラ新型モデルのLEDヘッドライトが海外で撮

ポルシェ911 GT2 RSの価格は4000万円!?インタークーラー冷却機能も搭載

ポルシェ911の第7世代となるGT2 RSが発売されます。690馬力(

次期リーフのフルモデルチェンジは2017年9月6日!画像を公開するぞ!

日産自動車がフルモデルチェンジするリーフの画像を公開しました。新型はダ

PAGE TOP ↑