R35GT-R NISMOはパワーは据え置きながら空力性能がアップ

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 GT-R

日産GT-Rの最新モデルにNISMOバージョンが登場します。

スポンサーリンク

VR38DETTの出力は変わらず

搭載されるVR38DETTエンジンのスペックは600ps/6,800rpm、66.5kgm/3,600rpmのままで出力に変更はないながらも、フロントスプリッターやボディ剛性のアップにより、スラロームやコーナーリング時の性能が2%アップ。

カナード状のサイド部分は強力なダウンフォースを生み出しすと同時に、ブレーキの冷却にも効果を発揮します。

GT-RNISMO2017年モデルのグリル

GT-RNISMO2017年モデルのダミーダクト

ボディカラーはスーパーシルバー、ソリッドレッド、ジェットブラック、パールホワイトともう一色追加され、合計5色になります。

快適性が向上したインテリア

センタースタックのスイッチ類を27個から11個に減らすと同時に、タッチスクリーンを8.0インチに拡大。

これにより、スイッチ類の誤動作が減り快適性が向上しました。

GT-RNISMO2017年モデルの内装

GT-RNISMO2017年モデルのレカロシート

記事の続きを見る

ベースモデルとNISMOの比較画像

以下はベースとなった2017年モデルと、今回発表されたNISMOバージョンの比較画像です。

エクステリア

曲面デザインのカーボン製フロントリップとグリルカーバで覆われるフロント部。LEDデイライトの形状は変更ありませんが、ダミーグリルにカバーが付いて以前のモデルより精悍な顔になりました。

R35GT-RNISMOとノーマルの違い
R35GT-RNISMOとノーマルのグリル
R35GT-RNISMOとノーマルのサイドビュー

内装

内装はミクロスエードのレカロ製バケットシートをはじめ、ドアノブやシフトノブ、更にタコメーターの照明が赤に変更。インストルメントルパネルはアルカンターラ表皮です。

R35GT-RNISMOとノーマルのインテリアの違い

R35GT-RNISMOとノーマルの運転席の違い

R35GT-RNISMOとノーマルのシートの違い

R35GT-RNISMOとノーマルのパネルの違い

内装、外装ともにNISMOバージョンはスポーティーさが全面に溢れ出ていますが、ノーマル車は高級なスポーツカーという印象を強く受けます。

Nアタックパッケージも用意

デフやビルシュタイン製の専用ショック、インタークーラーパイピングなど、ニュルブルクリンクのタイムアタックマシンと同じ装備を取り付けた、Nアタックパッケージにもアップグレードが可能です。

車両本体価格

公式には発表されていませんが、希望小売価格1,670万円以上で、2016年末に市場投入予定です。

スポンサーリンク

Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3102

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

次期スープラのLEDヘッドライトと内装が見えた!市販車両は10月公開

発売が期待されるトヨタスープラ新型モデルのLEDヘッドライトが海外で撮

ポルシェ911 GT2 RSの価格は4000万円!?インタークーラー冷却機能も搭載

ポルシェ911の第7世代となるGT2 RSが発売されます。690馬力(

次期リーフのフルモデルチェンジは2017年9月6日!画像を公開するぞ!

日産自動車がフルモデルチェンジするリーフの画像を公開しました。新型はダ

PAGE TOP ↑