TE52型エルグランドのエアロキットがインパルより発売。これはハイウェイスター専用です。

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 エルグランド , , ,

マイナーチェンジした日産エルグランド、ハイウェイスター専用エアロパーツがインパルより発売されました。フェンダー左右のスポーツダクトやボンネットフィンはこの車のキャラクターにマッチしていない気もしますが、同じような車が多い中で一味違う雰囲気を出したいときにはいいかもしれません。

スポンサーリンク

IMPULエアロダイナミクスシステムを装着したエルグランド

TE52型エルグランドの画像
素材はFRP製ですが、ディーラーで購入できる商品といういうこともありフィッティングは抜群です。

純正のグリルをそのまま生かしたフロント部は大型のバンパータイプとなっており、ノーマルよりもさらに迫力が増しているのがわかります。リップ部のみ色が違いますが、こういうデザインのようです。

標準装備されているフォグランプの外側にはLEDデイライトを装備。ハの字に広がる独特のデザインをしています。

バンパー内のLEDデイライト

さりげないクロームボンネットがオシャレ

メッキグリルにつながるようなデザインのクロームボンネット。こちらから言わないとその変化に気づいてもらえないかもしれないけど、IMPULのロゴがかっこいいです。

クロームボンネットフィンの画像

スポーツダクト内部にはメッシュが施されています。こういうところはスルーしてしまいがちですが、あるのとないのとでは大きな差が出るところですね。

エルグランドのスポーツダクト

エルグランド専用のボンネットスポイラー

ボンネットスポイラーの画像を確認する

本来、虫や飛び石からフロントガラスを守るためにあるボンネットスポイラーも、インパルの手にかかればこのように車をかっこよく演出するためのパーツに大変身。

ボンネットスポイラーの画像

サイドステップは少々控えめ

サイドステップの画像を確認する

この手の車のエアロって、とにかく張り出したスポイラーなどどこか小僧チックになってしまいがちですが、このサイドステップはドアパネルの下に着くタイプなのでノーマルのラインを損ないません。ちなみに色はシルバーのみのようですが、おそらく塗装はしてくれるかと思います。

サイドステップ

ゲート上部に取り付けるタイプのリアウィング

リアウィングの画像を確認する

曲面が多用されたデザインのリアウィング。空力性能を考えるような車ではないので、ほとんどファッションメインですね。

リアウィング

そのほかECUやマフラーなどもラインナップ

紹介した写真には、エアロサイドバイザーやカーボンミラーカバー、そして20インチのIMPULミレニアムが取り付けられています。ほかにもブラストマフラーやECUなども取り揃えておりますので、
各パーツの価格や詳細などは以下のインパルのホームページでご確認ください。

ホシノインパルエルグランドページへ

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215
スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑