RX-VISIONの動画とスペックを公開!エンジンはSKYACTIV-Rとなり環境にも配慮

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 RX-VISION

東京モーターショーでついにその姿を現したマツダのRX-VISION。照明に照らされて、ギラギラと輝く真っ赤なボディーはロングノーズ・ショートデッキを採用しています。

スポンサーリンク

RX-VISIONの外装と内装の画像

rx-visionのフロントとリア
rx-visionの内装とメーター
リアコンビランプはクリアレンズの内部にLED型の丸型テールランプを内蔵し、フロントは固定ライトながら、上部に弧を描くようにデザインされたLEDライトがリトラクタブルヘッドライトにも見え、先代のRX-7を彷彿させます。

RXシリーズと言えばロータリーエンジンですが、今回は環境にも配慮したSKYACTIV-Rエンジンを採用。これまで問題視されていた耐久性や燃費の面も大幅に改良されるといいます。
タイヤサイズは20インチ、乗車定員は2名となります。

内装に関しても、大きく盛り上がったセンタートンネルや、三連メーターなど、これまたFDを意識しているんじゃないかって感じずにはいられません。RX-8はあまりスポーツっていうイメージが無かっただけに、ファンにとってはうれしいところですね。

左から今回発表されたRX-VISIONとRX-7(FD)そして、以前公開されたデザイン画です。こうやって見ると、一番右のデザインもすごく魅力的ですね。
RXシリーズを比べた画像
このRX-VISION自体はコンセプトカーなので、市販されるにあたり、エンジンを含めてどこまで変更されるか気になるところです。

RX-VISIONの画像ギャラリーと動画

RX-VISIONの画像一覧を開く

こちらは東京モーターショーで公開されたRX-VISIONの画像です。

ここでは3種類の動画を見ることができます。



スペック差はどれくらい?RX-7とRX-VISIONを比較する

RX-VISIONのスペック表を開く

出力などは非公開ですが、ボディーサイズはこれだけの差があります。ボディーは大型化するものの、タイヤサイズは17インチから20インチへと大幅アップしているので出力も大幅に上がるものと思われます。

 RX-VISIIONRX-7(FD3S)
全長4,389mm4,285mm+104mm
全幅1,925mm1,760mm+165mm
全高1,160mm1,230mm-7mm
ホイールベース2,700mm2,425mm+275mm
駆動方式FRFR
車両重量不明1,330kg(最大)
乗車定員2名4名
フロントタイヤサイズ245/40R20235/45R17
リアタイヤサイズ285/35R20255/40R17
エンジン形式SKYACTIV-R(形式不明)13B-REW

気になる発売時期は2017年から2020年の間?

残念ながら車両本体価格ともに今のところは未定とのこと。ですがロータリーエンジン生誕50周年の2017年、そして東京オリンピックとも重なる2020年はマツダ自動車誕生から100周年ということで、この辺りが有力視されています。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑