ND系新型ロードスターのレーシングコンセプトは車高調を標準装備

公開日: : ロードスター

MAZDASPEEDのオリジナルエアロパーツや、ボディー剛性アップキットなどを装着したロードスターRasingConceptがオートサロンで紹介されました。

スポンサーリンク

MAZDASPEED社製の車高調整式サスペンションを装備

エアロパーツもそうですが、足回りなどもすべて同社の専用品に交換済みのこの車。風洞実験をもとに開発されたエアロと、サスペンションの効果により、サーキットではキビキビとした走りを体感できます。

nd_roadster_rasingconsept1
ND系ロードスターレーシングコンセプトのリア画像
パーツの特徴などを開く

エアロパーツは以下を標準装備

フロントアンダースカート

上部が赤に塗装されたフロントアンダースカートを装備

リアスポイラー

トランク上部に取り付けるタイプのスポイラーです。

サイドアンダースカート

リアフェンダー前部が跳ね上がっているサイドアンダースカート。こちらもツートンカラー仕上げになっています。

リアアンダースカート

への字型が特徴のリアアンダースポイラーも、フロント同様赤塗装のアクセントが入っています。

LEDライト

LEDデイライトはフロント左右のダクト内に仕込むタイプのものです。

内装は高品質のアルカンターラを採用

ND系ロードスターレーシングコンセプトの内装
ND系ロードスターレーシングコンセプトのシート

スポーツカーは内装のつくりが雑なものも多いですが、ロードスターRasingConseptはアルカンターラを採用し、手触りにもこだわったインテリアとなっています。その他、標準車との違いは以下の通りです。

足元を飾るアルミペダル

アクセル、ブレーキ、クラッチの各ペダルはアルミ製のパーツに交換されています。

シートはRECARO社製のバケットシートに

運転席、助手席のシートはRECARO社のスポーツシートに交換されます。

ロードスターレーシングコンセプトとノーマルの比較画像

エクステリアは大径ホイールとタイヤ、そして車高調整サスペンションで車高を落としているのでワイド感が強調され、インテリアはアルカンターラの採用で質感が大幅にアップしています。ほとんどのパーツは購入可能ですが、MAZDASPEEDの車高調はオプションにもラインナップされていないので、メーカー系のサスペンションキットとしては非常に価値があるものになりそうです。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑