ND5RC型ロードスター用LEDデイライト付、ABS製エアロパーツがAutoExeから発売

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 ロードスター , , ,

登場から半年近くたち、街でもちょくちょく見かけるようになってきたロードスター。ヘッドライト周りの鋭いデザインと低い車体はノーマルでもかっこいいロードスターをさらにスタイリッシュにしてくれるパーツ、その名も「AutoExe ND-05」がAutoExeから発売されました。

スポンサーリンク

AutoExe ND-05を装着したロードスターの画像

フロント部はひと目見ただけでノーマルとの違いを判らせてくれるほど個性的な、2ピースのガーニッシュタイプのフロントスポイラー(ABS製)。そしてそのボトム部には別売りのフロントアンダースポイラー(FRP製)を取り付けることでガーニッシュとの一体感を意識したフロントマスクが出来上がるようになっています。

サイドステップが無いので横から見たときのバランスが悪くなるんじゃないかとも思ったのですが、そのあたりも考えて設計されている為、違和感はありません。さすがAutoExeですね。
ロードスターの画像

各キットは別々に購入が可能

ガーニッシュは必要ないけど、アンダースポイラーだけ着けたい、などユーザーの要望に対応できるように各パーツは別々に取り付けることができるようになっています。
※LEDデイライトと丸型のフォグランプの取り付けには、取付け部に穴をあけ室内にスイッチを仕込む必要があります。
※フォグは専用設計の為、純正バンパーに流用することはできません。
キットの着脱画像

純正のハイマウントストップランプを流用したリアスポイラー

トランク上部に設置されているストップランプをそのまま流用し、ウイング内に埋め込むタイプのスポイラーです。両翼端にあるAutoExeの赤いロゴが目立ちます。ストップランプ点灯時も周りから光が漏れることなく、このように自然に発光します。

リアスポイラーの画像を確認する
ストップランプが付いたリアスポ

タワーバーやマフラーなどもラインナップ

サーキットのみならず街乗りでもボディー剛性アップを体感できるストラットタワーバーや、スタビライザー、さらにスポーツマフラーまでもラインナップしておりロードスターのパフォーマンスアップをトータルで体感できるパーツになっています。

その他の製品を確認する
タワーバーの画像
心地よいサウンドと見た目、そしてパワーを両立させたスポーツマフラー。ノーマルのようにサイレンサー内を部屋で仕切って消音するのとは違い、グラスウールやステンレスウールを使用して消音するタイプです。90φの大口径2本出しテールが後続車に存在感をアピールします。これでもちゃんと車検対応品です。
ロードスターのマフラー
マフラーをサイドから
フロントとリアの画像

ND5RC型ロードスター用エアロの特徴

ガーニッシュタイプのエアロ

純正バンパーの左右にかぶせるようにとりつけることで、ロードスターのフロント周りを引締めます。

LEDフォグとの同時装着が可能

LEDデイタイムランプとフロントのフォグランプを同時装着することで昼夜問わず、視覚性を向上させます。

パーツは個別に取り付けることできる

フロントアンダーのみや、ガーニッシュのみなど色々な組み合わせで取り付けができます。

リアアンダーパネルとスポーツマフラーを組み合わせる

リア下部に取り付ける、ディフューザー状のパネルとスポーツマフラーでリアビューをスポーティーに演出します。

各製品の詳細や価格などと合わせて以下の公式サイトでご確認ください。
AutoExe、ロードスター専用ページへ

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215
スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑