シビッククーペ、2016年型量産モデルの写真

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 シビック ,

テスト走行中のシビッククーペの写真が公開されました。

スポンサーリンク

走行中の新型シビックの姿

フロントタイヤの前にあったウィンカーが後ろに移動しています。あとリアバンパーのセンターにあったマフラー出口が移動したのか見当たらなくなっています。

以前当サイトのタイプRに続きシビッククーペもターボを搭載の記事で紹介したコンセプトカーと比較すると、バンパーのデザインが変更されていてLEDフォグランプもより量産モデルらしい丸型に変更されているのが確認できます。
ドアミラーも裏側はボディー色とブラックのツートンに改められ、ホイールも大人しいデザインのものに交換され、リア周りを見ると縦型ストップランプの内側にバックランプと思われるクリアレンズが設置されているのがわかります。

コンセプトカーとの違いを比較する

フロント

フロントバンパーの開口部が小さくなり、ヘッドライトの形状も変わり、おとなしい顔つきになりました。

サイド

ボディ形状は変わっていないものの、リアスポイラーが無くなりアルミホイールも量産型っぽい普通に車といったイメージのデザインになりました。

リア

唯一コンセプトモデルのデザインを引き継いだリアスタイル。ダクトが小さくなっていますが、ノーマルのままでも十分かっこいいです。

2Lと1.5リッターのターボエンジンを搭載することが決定

このモデルに搭載される予定のターボエンジンの出力表です。

 2リッターモデル1.5リッターモデル
エンジン出力174PS158PS
やっぱりコンセプトモデルと比べてインパクトに欠けるエクステリアになってしまいましたが、環境面や静寂性などを意識しつつ高出力を実現したエンジンを搭載するということなので、日本での発売が待ち遠しいです。

スポンサーリンク

このページの関連コンテンツ一覧


Warning: mysqli_num_fields() expects parameter 1 to be mysqli_result, boolean given in /home/atayu0709/newcarinfosite.com/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 3215

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スバルが新型WRX STIのコンセプトモデルを発表!ハイブリッドモデルも有り!?

東京オートサロン2018でWRX STIの次期コンセプトモデルを発表す

C-HRを売るなら買取査定はここが便利

トヨタ C-HRを売却したいと考えている人はいませんか? そんな

コルベットZR1がデビュー!C7型はFR最後にして最強のスーパースポーツ

シボレーコルベットの最強モデルZR1の最新バージョンがデビューしました

スイフトスポーツ新型発売!ZC33SのK14C型エンジンは140馬力に!

スズキスイフトの新型モデルとなるZC33Sが2017年9月20日に発売

次期リーフの価格は315万円から!航続距離は400kmにアップ

2017年10月2日に日本で発売を開始する新型日産リーフの情報が公式ホ

PAGE TOP ↑